#170 Fendart 追記

Feb 19, 2020

来週末に迫りましたフェンダール。
サンプルは7サイズ展開の全てを揃えると言いましたが、職人さんの都合で各4本づつのご用意になります。ご容赦を。
近日、寸法表も載せますので、通販ご希望の方はご参考ください。

今日、セカンドサンプル分の生地を職人さんに渡したんだけど、生地選ぶのめちゃしんどい(楽しすぎる)。ほんと我ながら素晴らしい生地を集める事が出来たなと。
皆さんも、迷う覚悟を持って、ご来店ください。

パンツの全貌は多分、直前に。
おかげさまで沢山のアポイントを頂いておりますが、パンツ以外のアイテムもオーダーご希望の方は、ご連絡いただく際に、アイテム名と合わせてご申告お願いします。なるべくゆっくりオーダーできる時間を調整致します。
とりあえず万遍なく見たいという方は、一般枠になりますので、ご留意ください。すみません。
あと、多分だけど、3月28日(土曜)と29日(日曜)はお休みする事になりそうです。


あ!あと、皆さんにお願いが。
このフェンダール、セレクトショップさんへの卸もやりたいなって。もし素敵なお店をご存知でしたら、お教えくださいませ(さらに、バイヤーさんへ宣伝しといてくれるともっと嬉しいな)。
何卒宜しくお願い致します!

#169 Macaroni Western Vol.1 MANNAS シャツ サイズ

Feb 12, 2020

華々しいフェンダールの告知の影で、ひっそりと、ジワっと、多々っと、お問い合わせを頂いております、ナポリの手縫いシャツ。
かなりいいですよこれ。
以下がサイズになります。ここからさらにサイズ変更も可能です(+6,000円)。
縫製後に洗いをかけているので、多少の誤差はご了承ください。

      01サイズ   02サイズ   03サイズ   04サイズ
着丈                70      72            74                   76
身巾               109       112       115                 118
袖丈                60         62       64                  66
背肩幅      42.5     43.5         44.5                45.5

ここcedarにお越しいただければ、ボンファンティ以外のいろんなシャツ地もお見せできます。
掛川の単糸で、ドライにクシュクシュに仕立てるのもまた、たまらんち。
2サイズ、3サイズオーバーで、袖をクルクルにまくり上げるのもまた、たまらんち。

#170 Fendart 詳細

Feb 9, 2020

新ブランド、フェンダール。
今月末からスタートします。
その29日と3月1日の週末は、TS氏にもお越し頂きます。

発表するのは、スラックスとチノパンツ。
各型7サイズ展開で、それぞれのサンプルを用意します。
いつものオーダー会のように採寸などはしないので、既成サイズの中からお選びください。
生地は、半年以上もの間、このブランドのために探し回って見つけたものの中から選べます。デッドストックから現行のスーツ生地、掛川のセルビッチ、プラートのテキスタイルブランドのオリジナルや、アンスナムの過去ストックなど。秋冬、春夏、混合です。一点しか取れない生地もあります。生地によって、雰囲気、落ち感、サイズも変わりますので、その際は僕たちにご相談ください。

価格:
まだ職人さんが確定してないからわからないけど、¥45,000くらいで行ければなって。生地にもよるけど。
いつものように、オーダー時に半額程度、納品時に残り分、という支払い方法になります。
納期:
どんなもんだろ、2~3ヶ月って感じかと。多分。
ツアー日程:
東京 2/29(土曜) , 3/1(日曜) *TS氏在廊。アポイント制
福岡 3/7(土曜) , 3/8 (日曜)*アポイント制
東京 3/14(土曜) , 3/15 (日曜)
大阪 3/20(金曜) , 3/21 (土曜)*アポイント制
東京 3/22(日曜)
3月いっぱいで一旦、オーダーを締めます。

また、TS氏がいらっしゃる2/29(土曜) , 3/1(日曜)は、他のアイテムの採寸も承ります。
アポイントを入れる際に、その旨をお伝えください。

contact@ansnam.com

宜しくお願い致します。

#169 Macaroni Western Vol.1 MANNAS シャツ 追記

Feb 7, 2020

生地の事、ほとんど説明してなかった。
今回は、定番の浜松の低速シャトル織機のものに加えて、昨年秋に訪ねたコモ湖のボンファンティから、たくさんの生地を集めてきたんで、そのバリエーションを楽しんで欲しいです。めちゃくちゃ細番手の希少な生地もあるけど、それよりも生地の色味や雰囲気で決めた方がいい。だって、どれもその辺のテキスタイルメーカーのものより抜群に良いから。

ちなむと、ナポリのロンちゃんはボンファンティとの契約がないから、ある意味この組み合わせのシャツが作れるのは、ここアンスナムだけと言っていい。
あ、あと、ストックが全然ない生地が多々あります。見たい人はお早めに。
メールで生地の見本もお送りできます。

アメリカの田舎のトウモロコシ畑をやってる農家みたいな雰囲気もいいし、トラッドなプレッピーのイメージで作るのもいい。けれど出来上がった表情は、今までみなさんが見てきたそれとは違う、ヨーロッパの風をはらんだ、サルトリアルなアルチザンの仕上がりになる。

土日なので、アポイント不要ですが、もし、じっくり話し合いたい方は事前のアポイントをお願いします。優先的にご案内します。
あ、明日18時にそのアポが入っているので、18時以降のご来店はお控えください。(寒いし早く閉めたい)

#169 Macaroni Western Vol.1 MANNAS シャツ

洋服をデザインする方法というのはいくつかあるんだけど、専門学校の頃、なぜか先生たちはその具体的な方法を教えてくれなかった。デザイン専門学校の七不思議の一つである。
もっと形式的に分類して整理、活用できるのに、とかく形而上的に、まるで霞の向こうの花を摘むがごとく、天才のみぞ知る神秘の手法として扱われ、温存されたまま、それを見ることなく僕たちは卒業していった。なんだったんだ。

そんな天才ヤスシが、今回のアイテムを作るにあたって、幾多あるデザイン方法の中から選んだのは、「ダジャレ」だ。秘儀である。
アートからのインスピレーションや、過去にある服のアーカイブ、はたまたコラージュでもない。具象イメージのないこのやり方は、言葉遊びを起点とするデザイン展開。例を挙げるならば、マルタン=マルジェラ やキャロル=クリスチャン=ポエルなどが多用した。知らんけど。

さて、僕が今回選んだダジャレワードは、題名にもある通り、「マカロニウエスタン」がそれ。
アメリカの西部劇をイタリアで作る。その感じで、アメリカのワークシャツをナポリの老舗カミッチェリアがフルハンドメイドで作る。
イタリアの立体的なドレスシャツにはあり得ない、人の体ではなく縫製効率を最大限に意識して作られた、アメリカのワークシャツのパターン。それをナポリの職人さん達のゾッとするほどに綺麗な手仕事で作ってゆく。以前と同じハンド比率で、全ての巻き縫い、裾のロール、衿付け、ヨーク、アームホール、ボタンホール、などなど。身体の美しさ、心地よさを追求して発展したその縫製技術を惜しみなく、アメリカのクソみたいに平面的な型紙に注ぎ込む。大御所の演歌歌手が歌うポップソングといった感じ。
サブちゃんが歌う「踊るポンポコリン」。何このおじさん、歌めっちゃウメェ。。。そんな感じ。

とにかく、いささか乱暴すぎる組み合わせではあるけれど、それがこの「ダジャレ」手法の利点であり、強引な展開は功を奏して、なんとも不思議なニュアンスのシャツが生まれた。
製品洗いして、揉み込む。ハンドステッチがクシュリと風合いを豊かにし、丁寧に織られたボンファンティの生地は、柔らかな陰影を作る。
なんて楽しいんだ。
価格:¥55,000~(ボンファンティの場合、¥62,000) +税
納品:5月末
サイズ:S,M,L,LL (採寸も可能ですが、追加料金が発生します)
大人の事情により、今回からブランドネームがMANNASに変わります。

2/2

Feb 2, 2020

あー、なんだろ。この感じ。今日休みたいこの感じ。
休みたいというか、ビール飲みたい。この温かい日和の昼下がり。
カプレーゼをつまみながら、ビール飲んで、その後に白ワイン飲んで。
そして、森なななちゃんの曲を聴きながら、昼寝をする。

店の近くにいるので、来たい人がいたら携帯に連絡ください。10分くらいで戻れるので。
090-4452-3708

ザ・ブラック 延期

Jan 28, 2020

一からやり直します。

「スカーレット 」の八郎さんも絶対反対するだろうけど、自分自身が納得いかへんのや。やるしかないんや。
とりあえず、あかまつで呑んでくるわ。

待ってくれてる人、本当にすみません。

The Sweety Big Island

Jan 25, 2020

奄美大島。
まず始めに、断っておく。これは出張であり、仕事。その行動、その全ては服のため。インスピレーションの旅である。
職業柄、時に勘違いされるから、ここ冒頭に書き記した。


えっと、一言で表すならこの二泊三日、最高でした。


東京から3時間、着陸態勢に入った飛行機の窓を覗くと、いきなりこれ。テンション爆上げ。海が、波が、島が、俺を呼んでる。

窓全開オープンのカーに乗り込み、いざ出発。米米クラブの「浪漫飛行」と「君がいるだけで」、その二曲のみをエンドレスリピート。運転は下手なんだけど、ドライブは好き。カールスモーキー石井とともに歌う。吹く風が気持ちいい。
空港から南下すること1時間。この奄美大島、マイ スウィーティー ビッグ アイランドの第一目的地に到着。


マン○ローブの原生林、ヴァージンフォレストかき分けて、潮で濡れたその秘部に、俺のカヌーが突き進む。

めちゃくちゃ楽しかった。参加者で唯一のボッチの僕は、一言もリアクションは発せられなかったけれど、本当に本当に楽しかった。

股間の粗茶も反り勃つわ。

島に行くと決めてから、何よりも先にこのカヌーツアーのスケジュールを調べたほどの熱意。段取りの良さ。ぜひ仕事にも生かしたい。

二日目。黒糖焼酎を飲み過ぎて、二日酔いのまま宿を出る。
染め工場さん訪問。1時間、終了。
さて、お腹が空いてきたので、奄美大島といえばの名物、鶏飯。汁物好きの僕としては外せない一品。(ちなむと、雑炊、お粥、ポーリッジ、コーンスープ、ガスパチョ、いちご潰し牛乳パン浸し等の半液状のものが好きです。この前タレクにそのことを話したら、「俺はその鼻水系の全部が嫌いだw」ってよw失礼しちゃうw)
大満足の食後は、鶏飯の店から車で10分ほど行った先にある、アイターン組が始めたであろうこだわりのカフェでコーヒーをすする。少し風が強いが日差しは温かな分、気持ちがいい。その風のため、この日に予約していたパラグライダーが中止になってしまい、残念だったが、ドライブがてらのビーチ巡りをすることにした。BGMはマッキーとスピッツ。

海は限りなく透明に近いブルーで、海岸には僕一人が歩いてるんだ。

夕暮れには、大河ドラマ「西郷どん」のオープニング風景の場所にも行った。
あのテーマ曲を口ずさむ。タッタラタン タッタ タッタターン♪

三日目。最終日。またしても飲み過ぎた。だがこの日、飛行機の出る前にやらねばならないミッションが残っていた。そう、海ガメとのシュノーケリングだ。




以上です。楽しかったです。

ザ・ブラック

Jan 22, 2020

今週末に発表しようと、予定していたアンスナムのブラックデニム。
やはり来週末にします。すみません。
製作に関しての詳しくはまた書き起こすけど、とにかく初期段階からずっと、試行錯誤と分析と、ジレンマと混乱と恐怖、常にそれらとのせめぎ合いの連続だったと言っていい。
そしてそれは今なお収まらず、それ故に発表を来週末に延期をした。
もう少し。もう少し何か出来ないか。もう少しその先へ。


ふとyoutubeから、thee michelle gun elephantの「世界の終わり」が流れてきた。思いもよらずに中学高校の、あの頃独特の、湿りながらも発作的な衝動や不安、内部に耽る感情を思い出した。居場所もなければ共感者も見つからない。何をしたいかさえ定まらず、表現の媒介手段も分からず有耶無耶で。
そんな中二病的な感情が、一気に蘇る。なつい。

苦悶の続くこの今現在さえも、当時を思えばいささかは、居心地の良い世界が作れたのかもしれない。しんどさは増えてる気がするけれど、何か新しいことに憶することなく挑めるこの日々は、中二の僕ならそれを羨むだろう。

と、言うわけで大人ヤスシは頑張ります。
とりあえず、インスピレーションを浴びに、このブラックデニムの糸を染めた奄美大島に行ってきます。明日から二泊三日。イェぃ。
てか、アベフトシがかっこいいんですけど。激ヤバ。。。超絶クール。。。

この時期立て続いて、彼らや、タランティーノに出会ったが為に、黒スーツに対する気持ちが強いんだと思う。

今週末の営業

Jan 17, 2020

みなさん、元気ですか?
こちらアンスナム、僕はインフルに倒れ、マニペニも体調不良で休んでおります。この1週間はほとんど稼働しておりませんでした。
それを取り戻すべくして、今週末は部屋にコモって仕事をします。鬼と化す。

と言うわけで、ご来店はアポイント制にさせてください。

宜しくお願い致します。