#205 Sebastian Tarek Shoemaker Trunk show

Sep 30, 2022

He just arrived.

And, he went to SENTO. Because he loves SENTO.

See you tomorrow.

#205 Sebastian Tarek Shoemaker Trunk show

Sep 28, 2022

ついに今週末に迫りました、セバスチャン・タレクのビスポークイベント。


ビザ発給もドタバタでした。僕もタレクも、超苦手なのこーゆーような事。

けれどもなんとか、超ギリであの航空チケットゲット。

先に仮縫いの靴たちが郵送されてきたんだけど、

それ見ただけでテンション上がりますね(僕のじゃないけど)。

またあの恍惚イベントが始まります。

まだ日曜日は若干余裕がありますので、よろしければ是非。

今回もモカシンやブリティッシュセッターのセミオーダーも可能です。


タレちゃんと飲みに行くの、すんごい楽しみ。

Fendart 納品スケジュール

Sep 23, 2022

お待たせしております商品のお渡しスケジュールです。

当初、9月下旬〜10月上旬とお伝えしておりましたが、

工場さんでのコロナ感染や、中国生産していたブランドの回帰に伴い、

今までにないほど、かなりの混乱を窮めております。

皆様にはご迷惑おかけしますが、ご理解頂けますと幸いです。


以下、ご確認ください。


ノータック、ワンタックスラックス: 10月上旬

ジャケット: 10月上旬

デニム: 10月中旬

ドローコードパンツ: 10月末

カーゴパンツ: 10月末(予定)

*セレクトショップ様分も上記と同様です。


また、MANNASの革物は以下の通りです。

マルコバッグ: 10月上旬

ベルト: 11月中旬

夏前にと言っていた物なんですけど、このような状況です。

申し訳ありません。


そのほかの個人オーダー商品につきましては、大きな遅れはございません。


セレクトショップ様向けANSNAM, I am dorkはさらに大幅な遅れが出ております。

追って各ショップ様へご連絡致します。


宜しくお願い致します。

#205 Sebastian Tarek Shoemaker Trunk show

Aug 22, 2022

昨夜、タレクから連絡があって、飛行機のチケットをゲットしたそうです。

10月1日(土曜)と2日(日曜)

トランクショーが決定しました。(ビザの取得はまだみたいだけど)


2年10ヶ月を経て、ついに来日。

仮縫いの皆様、大変長らくお待たせしました。

そして新規オーダーも、もちろん受け付けておりますし、

タレクってどんな靴作るのっていうまだオーダー未定の方も、

興味があれば是非、見に来てくださいね。

ま、ビスポークのサンプルはずっとアトリエに置いてあるから、

彼が来る前に見に来るのも、歓迎です。


ひとまずは、取り急ぎ。

#204 ANSNAM dalies 2023 spring & summer collection

Aug 14, 2022

アンスナム ダリーズの来年2023年の春夏コレクションのルックが完成しました。

今季も複数のインスピレーションの基に、構築されてます。

リチャード・アヴェドンによる「In the American West」。

ジム・ジャームッシュ「ナイト オン ザ プラネット」のウィノナ・ライダー。

などなど。


現在、アトリエにて展示中。オーダーも承っております。

右上のグレーのバナーよりアポイントお願いします。

通販も出来ますので、よろしければ是非。

お渡しは3月か4月予定です。

#203 ANSNAM ドライショートパンツ 完

Aug 7, 2022

おかげさまで今季のショートパンツ、弊社での販売は終了となりました。

ありがとうございました。

これからも、まだまだ暑い夏が続きますね。

皆さま体調に気をつけて、お過ごしください。

#203 ANSNAM ドライショートパンツ 終末の週末

Aug 4, 2022

なんとまだ、来ないのです。

けどとりあえず、完納は8月7日(日曜)午前になりそうです。

TFさんもメイデンズ ショップさんも、早くて土曜、遅くとも日曜に完納です。


弊社では日曜の11時から販売スタート。

アポイント受け付けてます。


詳細のブログは、月曜の昼過ぎになります。

通販ご希望の方は、今しばらくお待ちを。

#203 ANSNAM ドライショートパンツ 遅延ぴえん

Jul 30, 2022

超ギリギリ、っていうかアウトでした。

今週末から展開予定だったドライショートパンツ。間に合いません。すみません。


しかし、東京のセレクト、TFさんには一素材、綿麻のナチュラルが納品済み。

昨年、一瞬でなくなってしまったあの生地。

洗濯、一瞬で乾いてしまったあの生地。


そして明日日曜には、メイデンズショップさんにも一素材。


よろしければ是非。


週明けにはきっと完納してくれるはず。。。

ウチでも展開します。

#202 ANSNAM modelist TS 「MA-1」ディテール

Jul 15, 2022

と、いうわけで、明日からです。

TSさんとお話ししながらオーダー出来る良い機会だけど、

そこのキミ。そう、そこのちょっぴり照れ屋のチミチミ、大丈夫だよ。

MA-1を含めた、アンスナムのほぼ全アイテムは、いつだってオーダー可能さ。

TSさんが帰っても、baby boy 私はここにいるよ、どこにも行かずに待ってるよ。



今回のMA-1の企画が走り始めた時、

僕は哲に連絡をとった。

「今度会う時にさ、高校の時に着てたあのMA-1持ってきて。」

そう、彼は高校の時の親友の一人で、当時、ビンテージアイテムを買い揃えていた。

バイト終わりの夜中のデニーズで、熱いビンテージ講義を聞かされていた。

大戦モデルの袋布がドウノコウノと。僕は眠くてウトウトと。

当時全く興味のなかった僕だったけど、

今やそれらが仕事の役に立っているのだから、奇妙な気分だ。

で、その中の一つにMA-1。

あれから20年以上、すでにファスナーの金属部分は腐食し、着脱は難しいが、

きれいな状態は保たれていた。さすがはテッチャン。


今回のサンプル自体はシンプルなデザインにしたけれど、

このようにサンプルをご用意しておりますので、

ミリタリーのディテールを再現することも可能です。


あと、布帛の場合のお値段ですが、大体16万円〜というかんじです。

通販は、どうだろ。

ゆとりの分量とか、ちょっと普通とは違うから、

とりあえず試着してからの方がいいと思う。

けど、どうしてもって人はメールください。


宜しくお願い致します。

#202 ANSNAM modelist TS 「MA-1」

Jul 14, 2022

お待たせしました。たまにはのついに新作。「MA-1」

TSさんとのやり取りの中から生まれるこのシリーズも、はや、、、

えっと、、、何回目?まいっか笑

例によって今回も、僕の方からテキトーに球を投げてみた。

ハリントンジャケットの時みたいに、自分では全くをもって想像し得ない。

なんならば、自分では着た事がないアイテム。

キムタクがチラつくからか余計にさ、なんならば、自分から避けてたアイテム。

「MA-1」

実は今回、TSさんと私の蜜月の関係に、邪魔が入っていた。

そう、COVID-19です。なので私たちは、図らずも遠距離恋愛のテイとなる。

今までは、お互いの身体とカラダを重ねる事で確かめ合っていた、

その愛情に、触れる事さえできない。

そして生まれるすれ違いの感情。

仮縫いが進まない事この上ない(笑)

そしていつしか二人はそれぞれの日々に忙殺され、

MA-1を思い出すことも少なくなったある日。

「東京、行くわ」


もうそりゃ、大急ぎで作ったよね。

そして奥の手がこれ。新アイテムに乗せる素材は、

フィンランドからお取り寄せしたトナカイのスウェードです。

これはそう、コロナ禍になる以前から、

パリのプルミエールビジョンの展示会で、目をつけていたタンナーのもの。

そう僕は、先の、先の、さらに先までのクリエーションを考えているのです。フッ。

これがもう、非常にきめ細やかく、かつ弾力性に富み、

上品かつ陰影が深く、礼賛するに限りない感じ。

これはもう、タマランチ会長です。

トナカイは、皆さんもよくご存知の動物だとは思いますが、英語で「reindeer」。

「トナカイ」はアイヌ語なんです。

で、そもそもは、鹿とサンタクロースのハイブリット種で、鹿との大きな違いは、

鼻が赤くて光る事。これがすごいの。

と、いうわけで今週末からお披露目です。

金額は、そうですね、40万くらいでしょうか。

レートが不安定で、タンナーさんもビビってる。けどまぁ、このくらいです。

ちなむとさ、「レザーの新作アイテムやります!」とか言ってたけど、

このアイテム、別にレザーじゃなくてもいいわよね。

布帛も絶対アリ。というかMA-1ってそもそもナイロンだしね。

落ち感の良いスーツ地もいいし、薄手の高密度サテンとか、

イタリアの高密度シルクなんかもあります。

各種取り揃えて、ご来店お待ちしてます。